logo

SAPからオラクルへの賠償額、大幅に引き下げ

Rachel King (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫2011年09月05日 13時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OracleがSAPを相手取って起こしていた著作権侵害訴訟を巡って、米地方裁判所のPhyllis Hamilton判事は、陪審が米国時間2010年11月に下した賠償額13億ドルという評決を破棄することとした。この判決は、SAPのウェブサイト(PDF)で閲覧できる。

 Oracleは当初、SAPの旧子会社で現在は事業を停止しているTomorrowNowが、不正かつ違法な手段を用いてOracleのファイルを大量にダウンロードしたと主張していた。

 今回の評決破棄は、Hamilton判事がOracleの主張をまったく支持しないということではなく、Oracleが実際に被った損害額は2億7200万ドル相当にとどまるとの判断によるものだ。

 Oracleには2つの選択肢が残されている。2億7200万ドルの賠償額を受け入れるか、新たな訴訟を起こすかだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集