logo

写真で見る「Windows Phone IS12T」--「Office」も「Xbox LIVE」も使える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本初となるWindows Mobile 7.5搭載のスマートフォン「Windows Phone IS12T」(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製)が発表された。KDDIから9月に発売される見通し。今回は、Windows Phone IS12Tを写真で見ていく。
 防塵・防水に対応し、スマートフォンとしては最高クラスとなる1320万画素の撮像素子を採用し、32Gバイトの内蔵メモリを搭載している。Windows Mobileの特徴として、Microsoft Officeファイルの閲覧や編集が行えるほか、マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Live SkyDrive」を利用したデータの保存・共有に対応している。
 カラーバリエーションとして、「ブラック」「マゼンタ」「シトラス」の3色をラインアップ。画面サイズは約3.7インチ。TFT液晶パネル(800×480ピクセル)を採用している。

 日本初となるWindows Mobile 7.5搭載のスマートフォン「Windows Phone IS12T」(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製)が発表された。KDDIから9月に発売される見通し。今回は、Windows Phone IS12Tを写真で見ていく。
 防塵・防水に対応し、スマートフォンとしては最高クラスとなる1320万画素の撮像素子を採用し、32Gバイトの内蔵メモリを搭載している。Windows Mobileの特徴として、Microsoft Officeファイルの閲覧や編集が行えるほか、マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Live SkyDrive」を利用したデータの保存・共有に対応している。
 カラーバリエーションとして、「ブラック」「マゼンタ」「シトラス」の3色をラインアップ。画面サイズは約3.7インチ。TFT液晶パネル(800×480ピクセル)を採用している。

-PR-企画特集