logo

アップル、韓国で賠償金945ドル--位置情報追跡問題で

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2011年07月15日 10時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS」搭載端末でユーザーの位置情報を意図せず追跡していた問題で、Appleが賠償金の支払いに応じた。

 Appleが、ある人物の位置情報を追跡したことに対し、6月に韓国の地方裁判所判事から100万ウォン(約945ドル)の支払いを命じられていたことが、米CNETの入手した裁判所の書類により明らかになった。書類によるとこの人物は「iPhone」ユーザーで、Appleにプライバシーを侵害されたとして現地時間4月26日に訴訟を起こした。Appleの韓国法人は6月27日にこの金額を支払った。

 この件についてはReutersが最初に報じた

 iOSでの追跡をめぐる騒動は、Appleのモバイル端末がユーザーの動きを追跡していることを4月に研究者たちが発見したことから始まった。こうした位置情報には、緯度、経度、タイムスタンプなどが含まれていた。さらに、研究者たちによるとこの情報は「暗号化も保護もされておらず、iOS搭載端末と同期したすべての機器に保存される」という。

 韓国における慰謝料の支払いについてAppleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集