logo

「Google+」、ユーザー数1000万人で共有は毎日10億件以上--グーグルCEOが明らかに

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年07月15日 08時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルネットワーク参入に向けたGoogleの最新の取り組みである「Google+」のユーザー数が1000万人に達したことが正式に明らかにされた。

 今週に入り、第3者による推定値として1000万人という数字が公表されていたが、Googleの最高経営責任者(CEO)であるLarry Page氏がこれを正式に認めた。同氏は、同社の第2四半期決算報告の電話会議の冒頭の数分間を割いて、Google+とその機能について述べた。

 Page氏は電話会議前の声明で、「実生活と同じような共有を可能にするGoogle+に対する素晴らしいレスポンスを非常にうれしく思っている」と述べた。続いて電話会議の冒頭でもGoogle+について語り、同製品は、同氏が自社で開発したいと考える、明確で簡単に使用できる製品を表すよい例であると述べた。またPage氏は、「Circles」や「Hangout」といった機能は、実生活における人々の間の交流を模倣するものであると指摘した。

 Googleは2011年6月下旬に、Google+をベータ版にも満たない状態で、ほんの一部のユーザーのみに提供開始し、その後、これらのユーザーがその友人や家族を招待できるようにした。Page氏は、同サービスはまだ「実地テスト」の段階にあり、現時点では使用に「多くの障壁」を抱えているが、同社は同サービスにアクセスできるユーザーの数を引き続き増やしていく予定であると述べた。1000万人達成は、同プロジェクトに従事したチームによる「素晴らしい業績」であるとPage氏は述べた。

 ユーザー数以外にも、同サービス上では「膨大な数のアクティビティ」があり、毎日10億以上の項目が共有され、受信されているとPage氏は述べた。「+1」ボタンもこれに貢献しているという。+1ボタンは現在、ウェブ全体で1日あたり23億回利用されているとPage氏は述べた。

 Page氏は決算報告の電話会議で、「われわれは、歯ブラシのように人々が1日に2度使用する製品を開発したいと考えている」と述べた。「『Plus』についてはまさにそう考えており、全般的にGoogleおよびその製品のすべてにおいて、アイデンティティエクスペリエンスを統一したいと考えている」(Page氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集