logo

ソニー、0.5秒起動の新BDレコーダー2種--高画質回路搭載で最適な3D映像

加納恵 (編集部)2011年07月14日 16時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは7月14日、0.5秒で起動する瞬間起動を採用したBlu-ray Discレコーダーにダブルチューナを搭載した「BDZ-AT750W」(AT750W)とシングルチューナ機の「BDZ-AT350S」(AT350S)を追加した。発売は8月6日。店頭想定価格はAT750Wが8万5000円前後、AT350Sが6万5000円前後になる。

 両機種ともに500GバイトのHDDを内蔵し、ブルーレイ3Dと大容量のBDXL規格に対応。高画質回路「CREAS 4」を新搭載したことで、最適な3D映像が再生できるとしている。

 ビデオカメラからの映像取り込み機能は、3D映像と60p方式で記録された動画のHDD取り込みもサポート。動画のほか、デジタルカメラ「Cyber-shot」や「α」で撮影した3D写真のHDD取り込みも可能だ。

 AT350Sは、奥行き233mmのコンパクトボディを実現。いずれも、対応機器同士で映像や音楽のコンテンツが共有できる「ソニールームリンク」とスカパー!HD録画には対応していない。

  • 「BDZ-AT350S」

  • 「BDZ-AT750W」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集