「MacBook Air」にバックライトキーボードが復活か--米報道

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉2011年07月13日 10時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが製品の新バージョンで機能を取り除くのは珍しいことではない。ソフトウェアでも、コンピュータでも当たり前に起きる。2010年10月に「MacBook Air」の大幅刷新に伴い取り除かれたある顕著な例は、バックライトキーボードだった。キーボードを照らして暗いところでも見えるようにする機能がなくなったのだ。

 AppleInsiderによると、暗所での視認性に配慮したこの機能は、大いに期待されているMacBook Air製品ラインの刷新で復活するという。新モデルには、Intelの「Core i」シリーズプロセッサ「Sandy Bridge」(開発コード名)と、高速な入出力接続を実現する「Thunderbolt」ポートも搭載される見込みだ。「MacBook Pro」と「iMac」の両製品ラインはすでに、2011年に行われたアップデートでSandy BridgeとThunderboltを採用している。

 MacBook Airは、2008年の「Macworld」エキスポでデビューを果たした最初のモデルから、バックライトキーボードを搭載していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加