logo

ヤフーとローソンが提携--ECサイトと店舗を連携

藤井涼 (編集部)2011年06月09日 21時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーとローソンは6月9日、ECモールの連携や地域サービスと店舗の連携を目的に、業務提携したことを発表した。今回の提携により、両社はスマートデバイスを活用した以下のサービスを共同で展開する。

  • ヤフーのサービスとローソンのリアル店舗の連携
  • ヤフーとローソンのECモールの連携
  • スマートフォン向けアプリの連携
  • おすすめ情報発信の連携

 まず、地域情報サービス「Yahoo!ロコ」とローソンのリアル店舗を6月から連携させる。地図上でローソングループの店舗を簡単に探せるようになるほか、ユーザーがYahoo!ロコに登録している地域の近くにあるローソン店舗のお得情報を配信し来店を促進する。

 また、Yahoo!ショッピングに出店しているストアの人気商品を、ローソンのリアル店舗で販売し、Yahoo!ショッピング上でも告知する。ローソンが購買履歴などを検証するCRMを使って分析した購買データは、Yahoo!ショッピングのストアに提供される予定。

  • ヤフー代表取締役社長の井上雅博氏(左)とローソン代表取締役社長CEOの新浪剛史氏(右)

 さらに、ローソンが運営するECモール「Loppi(ロッピー)」で、Yahoo!ショッピングに出店している約2万店舗のストアの商品を購入できるようになる。商品に不具合があった際に返品可能な「ローソンあんしん保証」制度も導入する。これまでLoppiは、ローソン店頭のマルチメディアキオスク端末の名称として使用されてきたが、今後ローソンが本格的にECサービスに参入することから、ECサービス全般の名称に拡大したという。

 そのほか、時間や場所を限定した特典情報などを携帯端末向けに配信する専用アプリを12月に配信する予定。2012年春には両社のサービスの閲覧履歴や購入履歴をベースに、顧客ごとに最適な情報やキャンペーン案内をメールするサービスも提供するとしている。

 同日の会見に臨んだヤフー代表取締役社長の井上雅博氏は、ヤフーが注力している4つの領域として「Everywhere化」「地域生活圏の情報」「ソーシャルメディア化」「オープン化」を挙げ、ローソンと展開するサービスの多くが、この4つの領域に通じる部分があると語る。

 「今回の提携で主に使いたいデバイスはスマートデバイス。位置情報を活用しながらローソンのリアル店舗とYahoo! JAPANのサービスをつなぎあわせることで、新しいことができるのではないか」(井上氏)

 また、ローソン代表取締役社長CEOの新浪剛史氏は、日本の小売り、外食、ECを合わせた市場規模が約150兆円であるのに対し、コンビニ市場は7.5兆円と全体の約5%程度であることから、国内市場でもまだ拡大の余地があると語る。今後は、ITを活用した会員データの分析によりさらなる顧客満足度の向上を図るCRM企業を目指すとし、そのための最重要戦略パートナーがヤフーだと説明した。

-PR-企画特集