logo

アップル、世界最大の半導体購入企業に--IHS iSuppli調べ

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦2011年06月09日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが他のハードウェアメーカーを大きく上回り、世界トップの半導体購入企業になったことが、調査会社IHS iSuppliの新しいレポートで判明した。

 IHS iSuppliによると、Appleは2010年、半導体購入に175億ドルを支出しており、2009年の97億ドルから79.6%増と急激な伸びを示している。2009年の時点で、Appleの半導体購入額はHewlett-Packard(HP)とサムスンに次ぎ第3位だった。

 2010年の購入額急増により、Appleは「同社史上初めて」、OEM(Original Equipment Manufacturer)の中で世界最大の半導体購入企業になったと、IHS iSuppliは伝えている。

 2010年の購入額ランキングでは、HPが152億ドルで2位だった。以下サムスン、Dell、Nokiaがそれぞれ139億ドル、110億ドル、83億ドルで続き、上位5位を形成した。

 Appleの半導体支出の急増は、おもに「iPhone」と「iPad」によるものだとIHS iSuppliでは解説している。2010年、Appleの半導体支出の61%はモバイル機器に使われ、残りがコンピュータに充てられた。これに対しHPでは、支出の82%がデスクトップPC、ノートPC、およびサーバに使われた。

 おそらく、Appleの半導体支出に占めるモバイル機器とコンピュータの比率はしばらく変わらないだろう。米国時間6月6日から10日にかけて開催されているWorldwide Developers Conference(WWDC)でAppleは、iOSデバイスの販売が大幅に増加し続けていると発表した。これまでにAppleが販売したiOS搭載機は全世界で2億台にのぼるという。

 販売台数が増える中で、Appleから半導体市場に流れ込む資金は今後も増え続けるとIHS iSuppliでは予想しており、8日にはAppleの半導体支出は2011年も増加して224億ドルに達するとの見方を示した。一方、HPの支出は減少して148億ドルになるという。また、サムスンの支出は143億ドルになるとIHS iSuppliでは見ている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集