logo

フォトレポート:WWDC 2011基調講演--療養中のジョブズCEO登場

CNET News staff  翻訳校正: 編集部2011年06月07日 12時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏が米国時間6月6日朝、サンフランシスコで開催される技術者向け年次会議Worldwide Developers Conference(WWDC)で基調講演のステージに立った。Jobs氏は登場するとすぐに、新しいMac OSであるLionに関する話をするため、同社のワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデントPhil Schiller氏に登壇させた。Schiller氏は、その後、「iOS 5」に関する話のためにScott Forstall氏を紹介している。

 この写真は、Appleの新しいサービス「iCloud」について話をするため、90分後に再びステージ上に姿を現したJobs氏。

 Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏が米国時間6月6日朝、サンフランシスコで開催される技術者向け年次会議Worldwide Developers Conference(WWDC)で基調講演のステージに立った。Jobs氏は登場するとすぐに、新しいMac OSであるLionに関する話をするため、同社のワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデントPhil Schiller氏に登壇させた。Schiller氏は、その後、「iOS 5」に関する話のためにScott Forstall氏を紹介している。

 この写真は、Appleの新しいサービス「iCloud」について話をするため、90分後に再びステージ上に姿を現したJobs氏。

提供:Donald Bell/CNET

-PR-企画特集