グーグル、クラウド音楽サービスのライセンスに1億ドルを提示か--Businessweek報道

Greg Sandoval (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年05月30日 12時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、クラウド音楽サービスのためのライセンス料として、米国4大レーベルに対し1億ドルを提示したという。Businessweekが報じた。この交渉は1年以上続いた末に決裂しており、Googleは4大レーベルからライセンスを取得しないまま、ユーザーが自分の楽曲をGoogleのサーバにアップロードできるサービスを5月に立ち上げている。

 Businessweekによれば、4大レーベルがこの提示金額に応じなかったのは、音楽などへのオンライン著作権侵害行為に対する取り組みの強化をGoogleに望んでいたからだという。この交渉に詳しい情報筋は米CNETに対し、交渉決裂にはほかにも理由があり、その1つは、Googleがクラウド音楽サービスの詳細を明らかにしなかったことだと述べた。別の情報筋は、著作権侵害対策という理由を疑問視しており、ビジネス上の問題が理由だとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加