MS、「Windows Phone 7」の次期版を披露--500以上の新機能を追加

Jay Greene (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年05月25日 07時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月24日、同社モバイル向けOS「Windows Phone 7」の次期版(開発コード名:Mango)を披露した。次期版には、ソーシャルネットワーキングプログラムとのよりスムーズな統合、音声をテキストおよびテキストを音声へと変換するハンズフリー向け機能のサポート、アプリケーションをバックグラウンドで稼働中に別のアプリケーションの起動を可能にするなど500の新機能が含まれている。

Windows Phone 7上のInternet Explorer 9 Windows Phone 7上のInternet Explorer 9
提供:Microsoft

 MicrosoftのMobile Communications Businessでプレジデントを務めるAndy Lees氏は、「スマートフォンをより賢く使いやすくしようと取り組んでいる」とニューヨーク市で開いた報道会見の最後に述べた。

 Mangoは今秋から提供開始になる予定である。

 Microsoftは、携帯電話向け「Internet Explorer 9」などを含む、多くの新機能を発表した。「Local Scout」と呼ばれるプログラムは、ユーザーの位置情報を基に、ごく近隣の検索結果を提供し、近くのレストラン、商店、活動などを提案する。「Quick Cards」と呼ばれる新機能は、ユーザーが製品や映画、イベントを検索する際に、関連情報や関連アプリケーションの要約を提供する。

 そのほかの新機能の一部は以下の通り。

  • スレッド:テキスト、Facebookチャット、Windows Live Messengerを1つの会話の中で切り替えできる。
  • グループ:複数の連絡先を1つにまとめることが可能になり、スタート画面で最新のステータス更新を確認したり、グループ全体にテキストや電子メール、インスタントメッセージを素早く送信したりすることが可能になる。
  • 結合された受信箱:複数の電子メールアカウントを1つの結合された受信箱にまとめることができる。
  • App Connect:アプリケーションと検索の統合を強化することで、ユーザーのウェブ検索クエリに関連するアプリケーションが表示されるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加