85V型のスーパーハイビジョンディスプレイを開発--NHKとシャープが共同で

加納恵 (編集部)2011年05月19日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKとシャープは5月19日、ハイビジョンの16倍にあたる画素数を持つスーパーハイビジョン液晶ディスプレイの開発に成功した。85V型で、直視型ディスプレイとしては世界初になるとしている。

 スーパーハイビジョンは、現行のハイビジョン(1920×1080ピクセル)を超える、7680×4320ピクセルを持つ超高精細映像システムだ。画面サイズは1.9m×1.05mになり、輝度は300カンデラ。NHKは1995年から研究開発を開始し、2020年の試験放送を目指している。

 今回のスーパーハイビジョンディスプレイは、シャープの液晶技術「UV2A」を採用することで、高い表示性能が得られたとのこと。見る人に没入感を与え、あたかもディスプレイのなかにいるようなバーチャルリアリティな体験ができるとしている。

 85V型のスーパーハイビジョンディスプレイは、5月26~29日に開催されるNHK放送技術研究所の一般公開で展示される。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加