logo

「iPad」、企業の導入進むも利用戦略は不明確--米調査

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年05月18日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社Dimensional Researchは米国時間5月17日、企業のタブレット利用に関する調査結果を発表した。対象となった448社のうち、すでにタブレットを利用している企業は22%で、2011年に導入予定の企業は22%、2012年に予定している企業は24%となった。

 メーカー別ではAppleの「iPad」がリードしており、83%が採用するとしている。以下、Research In Motion(RIM)の「BlackBerry PlayBook」が17%、Hewlett-Packard(HP)の「HP Slate」が14%、Motorolaの「XOOM」が13%、Dellの「Dell Streak」が11%だった。

2012年中にタブレットの導入を予定している企業が最も多い 2012年中にタブレットの導入を予定している企業が最も多い
提供:Dimensional Research

 タブレットを使用する理由については不明確で、51%が明確な戦略を持っていないという。使用する理由として挙げられたのは、クラウドベースの生産性アプリケーションなど。利用したいiPadアプリケーションで最も多かったのは営業担当者向けのツールで、回答者の47%が選択した。そのほかには、顧客サービスの提供、経費報告書の提出、財務情報の処理、購入の実行などが挙がっている。

 調査対象企業のIT担当者の47%が、ビジネス部門は追加の開発の必要性を理解していないと回答しており、Dimensional Researchは、IT部門とビジネス部門の間に溝があると結論付けている。

 また、回答者の82%が、タブレットはノートPCに代わるものではなく補完するものと考えている。

個人的にタブレットを購入して使っている人が最も多い 個人的にタブレットを購入して使っている人が最も多い
提供:Dimensional Research

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集