logo

グーグル、NPO支援プログラムを米国向けに発表

Elinor Mills (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年03月17日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間3月16日、非営利団体支援プログラム「Google for Nonprofits」を発表した。米国に拠点を置く非営利団体に対し、広告や「Google Apps」のライセンス料金などについて優遇措置を提供するプログラムだ。

 非営利団体には一元化された応募プロセスが用意され、これを通じて申し込むことで特別サービスが利用可能になる。申し込みが承認されれば、月額最高1万ドル相当の「Google AdWords」広告が提供されるほか、Google Appsを無料または割引料金で利用可能になるとともに、「YouTube」やGoogle提供の地図関連技術におけるプレミアム機能も利用できると、Googleのブログ投稿は説明している。

 これに加えて、Googleは「Google for Nonprofits Marketplace」も公開した。こちらは非営利団体向けサービスを無料または割引料金で提供している専門サービスプロバイダーと非営利団体を結び付けるというものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集