モトローラ、Wi-Fi版「XOOM」を発表--米国で27日に発売開始

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 長谷睦2011年03月17日 10時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorola Mobilityが正式に発表するまで時間はかかったが、同社のタブレット製品「XOOM」にWi-Fiのみのモデルが提供されることが決まった。

Wi-Fiモデルの「Motorola XOOM」 Wi-Fiモデルの「Motorola XOOM」
提供: Motorola Mobility

 Motorola Mobilityは米国時間3月16日、同製品を米国で27日から599ドルで販売すると発表した。Wi-Fiモデルは3G通信対応モデルと同様、10.1インチのディスプレイを備えている。またAndroid 3.0(開発コード名「Honeycomb」)、32Gバイトのオンボードストレージ、1GHzのデュアルコアプロセッサを搭載している。

 Motorola Mobilityは現在、3G通信が装備されているXOOMを回線契約なしで799.99ドル、Verizon Wirelessとの2年間の契約付きで599.99ドルで販売している。

 Wi-Fiのみを搭載したXOOMを販売することで、Motorola MobilityはAppleの例にならうことになる。11日に米国で販売開始された「iPad 2」には、Wi-Fiのみのモデルと3Gモデルがある。Wi-FiのみのモデルのiPad 2の価格は、16GBのストレージを搭載したタイプが499ドル、Wi-Fi版XOOMと最も条件が近いとみられる32GBモデルは、599ドルで販売されている。

 MotorolaがWi-FiのみのXOOMモデルを販売するといううわさは以前から流れていた。3月に入って、Wal-Mart傘下の小売店、Sam's ClubがWi-FiのみのXOOMモデルを展示している写真がリークされ、Sam's ClubがXOOMを539ドルで販売する予定であることが判明した。続く12日の報道では、Wi-FiのみのXOOMモデルを599ドルで3月27日から発売するという内容のStaplesのチラシがリークされ、正確なところが明らかになった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加