アップル、「Apple TV」ソフトウェアアップデートを公開--「AirPlay」の強化などを追加

Matthew Moskovciak (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 長谷睦2011年03月10日 10時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間3月9日、「iOS 4.3」とともに、「Apple TV」にいくつかの新機能を追加するアップデートを公開した。同アップデートには「MLB.TV」および「NBA League Pass」からのスポーツのライブストリーミング、「AirPlay」の性能強化、Netflixが提供する一部のストリーミングタイトルでの5.1 Dolby Digital音声の追加などが含まれる。

 MLB.TVおよびNBA League Passの追加は、NetflixやYouTubeに続き、「iTunes」以外のストリーミングメディアサービスが新たにApple TVに加わったことになるため、重要なアップグレードと言える。iTunes以外のストリーミングメディアサービスが不足していることは、Apple TVの大きな問題としてこれまでも指摘してきた点だ。これに対し、競合する「Roku」などはMLB.TVやNBA(さらには他の多くのストリーミングサービス)を以前から提供している。

 その他のプラットフォームと同様、Apple TVでも、MLB.TVやNBA League Passがストリーミングサービスで試合の生放送を行うのは地元地域以外の視聴者向けに限られている。そのため、地元チームを応援するスポーツファンにとっては、これまで契約してきたケーブルテレビに完全に取って代わるサービスとは言えない。

Apple TVの最新ソフトウェアアップデートでは、「MLB.TV」および「NBA League Pass」からのスポーツのライブストリーミング、「AirPlay」の性能強化などが追加されている。 Apple TVの最新ソフトウェアアップデートでは、「MLB.TV」および「NBA League Pass」からのスポーツのライブストリーミング、「AirPlay」の性能強化などが追加されている。
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加