iPad 2需要、初代機を超えるものに--Piper Jaffrayアナリスト予測

Jim Dalrymple (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年03月09日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国での販売が米国時間3月11日に予定されている「iPad 2」だが、その初期需要は消費者の間では大きく、初代iPadを超えるものになると業界アナリストが予測した。

 この予測をしたPiper JaffrayのシニアリサーチアナリストGene Munster氏は、米国時間3月8日付けのクライアント向けメモにおいて、店舗前にできる行列は短いものになるだろうとも予測している。

 Munster氏は、短い行列にも関わらず高い売り上げを予測する理由として、多くの販売店がiPad 2を発売日に取り扱うことを挙げている。初代iPadの発売時には、Apple StoreとBest Buyだけが同製品を販売した。しかし、iPad 2の場合、Apple Storeに加えてAT&TおよびVerizonの店舗、Target、Best Buy、Wal-Martが同製品を販売する。

 Munster氏はまた、iPad 2の販売台数が100万台というマイルストーンに到達するのは初代iPadよりも早いという考えも述べている。初代iPadの場合、発売後28日で販売台数が100万台を超えている。

 iPad 2発売時に客足を販売店に確実に向けさせる要因として、事前予約がないことが挙げられる。Appleは、iPad 2販売に際して、事前予約という選択肢を用意しなかった。そのため、発売日に同製品を購入したい場合、販売店に行く必要がある。

 iPad 2の米国発売は11日午後5時からの予定。

iPad 2 iPad 2
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加