タブレット向けWindows、リリースは2012年後半以降か--Bloomberg報道

文:Steven Musil(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年03月07日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがタブレット向けの「Windows」OSをリリースするのは2012年の米国における新学期シーズン以降になるという。BloombergがMicrosoftの計画を知る人物の話として報じている。Bloombergはまた、パートナーや消費者によるテストは2011年末まで始まらないだろうとも伝えている。

 Microsoftの広報担当者は、この報道に対するコメントを控えた。

 Bloombergの記事では、Microsoftは「Windows 7」をタブレット向けにアップデートする必要があると述べられている。しかし、Business Insiderは米国時間2月28日、Microsoftは「Windows 8」で動作するタブレットのデモンストレーションを6月の終わりに行う計画だと報じている。また、最近リークされたDellの計画では、Windows 8タブレット(開発コード名「Peju」)が2012年初めに発売される予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加