Android、モバイル広告シェアでiOSへのリードを拡大--米調査

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉2011年02月16日 13時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Millennial Mediaの2011年1月の「Mobile Mix」レポートによると、同社のモバイル広告ネットワークで最も普及しているスマートフォンプラットフォームとして、GoogleのモバイルOS「Android」は首位の座を強固にしているという。

 1月に同社ネットワーク上でスマートフォンプラットフォームを対象に行った調査では、全広告インプレッション数に占めるAndroidのシェアは54%で、2010年12月の46%から上昇した。同じ時期、Appleの「iOS」のシェアは、12月の32%から1月の28%へと落ち込んだ。

 第3位はResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry」で、14%のシェアを獲得した。これに続いたのはNokiaの「Symbian」とMicrosoftの「Windows Mobile」で、全広告インプレッション数に占めるシェアはそれぞれ1%だった。

 同レポートによると、Androidは首位のスマートフォンOSであるかもしれないが、視点を変えて機器メーカー別に見ると、Appleが大差で首位の座を維持しているという。

スマートフォンプラットフォームのシェア
提供:Millennial Media

 「iPhone」「iPod touch」「iPad」を合わせると、1月の全広告インプレッション数に占めるシェアは26%で、12月の24%から増加している。Millennial Mediaの広告ネットワーク上で追跡されたすべての通信機器の中で、iPhoneは首位の座を維持したが、これに続くiPod touchは、1月にシェア8%で第2位にもぐり込んだ。

 他の機器メーカーの中では、HTCが1月に広告インプレッション数に占めるシェアを36%伸ばし、主要メーカー15社中第2位に躍進した。全体的に見ると、HTCの全広告インプレッション数に占めるシェアは21%で、Millennial Mediaの機種別上位30位のリストには、第3位の「Nexus One」スマートフォンを筆頭に、同社の8機種がランク入りした。

 HTCと競合するAndroid機器メーカーのサムスンは、第3位に順位を下げたが、「Epic」と「Galaxy 5」のスマートフォン2機種は、1月に初めて上位30位のリストに入った。総合的には、サムスンはMillennial Mediaが追跡した全広告インプレッション数の15%を占め、7機種が上位30位に入った。

 第4位はRIMで、全広告インプレッション数に占めるシェアは10%だった。また、同社のBlackBerryスマートフォン5機種が上位30位のリストに入った。

Millennial Mediaの機種別上位10位のリスト
提供:Millennial Media

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加