logo

ソニー、「ブラビア」に録画テレビを追加--500GバイトHDDを内蔵

加納恵(編集部)2011年02月08日 20時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月8日、液晶テレビ「ブラビア」シリーズに、500GバイトのHDDを内蔵した録画テレビ3機種を追加した。テレビスタンドには新タイプの「イーゼルスタンド」を採用する。発売は3月20日。

  • 「KDL-40EX52H」

 発売されるのは、40V型の「KDL-40EX52H」(店頭想定価格:15万円前後)と、32V型の「KDL-32EX42H」(同:11万円前後)、22V型の「KDL-22EX42H」(同:9万円前後)となる。いずれも地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基備え、テレビを視聴中でも裏番組の録画に対応する。内蔵HDDのほか、別売りの外付けHDDを追加することも可能だ。

 バックライトにはエッジ型を採用し、HDDを内蔵しながら奥行き42mmのスリムボディを実現。新デザインのイーゼルスタンドと合わせ、軽快なたたずまいを表現するとしている。

  • 「KDL-32EX42H」

 上位機となる40EX52Hのみ、独自の倍速技術「モーションフロー120」を搭載。残像感を低減し、動画をくっきりと再現するとしている。全機種に「録る」「見る」「消す」がボタンひとつで操作できる「かんたん録画リモコン」が付属する。

 本製品のベゼル部分には、難燃性のある再生プラスチック「SoRPlas(ソープラス)」を採用しているとのこと。素材には廃光学シートや廃DVDをリサイクルした再生ポリカーボネイト樹脂に、独自開発の硫黄系難燃剤をブレンドされており、高い耐熱性、耐久性を実現したとしている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集