「Mac App Store」、初日でダウンロード100万件を達成

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、小林理子2011年01月11日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新サービス「Mac App Store」を米国時間1月6日に開始したAppleが、初日のアプリケーションダウンロードが100万件を達成したことを明らかにした。

 Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏は声明で、「Mac App Storeに対する途方もない反応に驚いている。開発者の素晴らしい努力によってMac App Storeにアプリケーションが提供され、ユーザーはMac App Storeが簡単で楽しいことを喜んでいる」と述べた。

Mac App Store
提供:Screenshot by Don Reisinger/CNET

 Appleは6日、「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」のユーザーに向けてMac App Storeを開設し、「Mac OS X 10.6.6」への無料アップデートを提供した。Appleによると、Mac App Storeには現在、教育からゲームまでさまざまな分野で、1000以上の無料および有料アプリケーションが揃っているという。

 しかしMac App Storeが初日にAppleにもたらしたのは朗報だけではなかった。

 Mac App Storeのハッキングとされるものがウェブで共有されており、これによると無料アプリケーションのデジタルレシートが、有料アプリケーションの違法コピーに利用できるという。このレシートによって有料アプリケーションが正式な認証を受けていると見せかけられ、料金を支払うことなくプログラムを稼働できる。現時点で、この件に関するAppleからのコメントは得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加