logo

アップル、「Mac App Store」をオープン--1000本以上のアプリをダウンロード可能に

坂本純子(編集部)2011年01月06日 23時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは1月6日、Mac用のアプリケーションソフト(アプリ)をダウンロードできる「Mac App Store」をオープンした。無料と有料を合わせ1000本以上のアプリケーションをそろえたという。Mac App Storeを利用するためのアプリは「ソフトウェア・アップデート」を通じ、Mac App Storeにアクセス可能な「Mac OS X 10.6.6」に更新される形で無償で提供される。

  • 「Mac OS X 10.6.6」に更新すると、新たなアイコンが追加されている

 iPhoneやiPad、iPod touch向けに提供している「App Store」と同様に使いたいアプリを選び、iTunesのパスワードを入力するとダウンロードできる。新着アプリやランキング、ユーザーレビューなどを閲覧できるほか、カテゴリから選んでダウンロードすることも可能。ビジネス、ファイナンス、ライフスタイル、ゲームなど21に分けられている。

  • 新たに追加された「App Store」を起動したところ

 管理のしやすさも特長のひとつで、アプリの再ダウンロードが簡単に行える。新しく購入したMacに、すでに持っているアプリを追加したい時などに便利だ。

 アップデートはMac App Storeから直接配信され、1つずつもしくはまとめて一度にダウンロードできる。

 アップルは、Mac App Storeについて1月6日に90カ国同時にオープンすると事前告知しており、予定通りのオープンとなった。なお、開発者には、各アプリの売上げの70%が利益として還元されるとしている。

  • カテゴリは現在のところ21に分けられている

  • iLifeやiWorkなど、すでにインストール済みのアップルのアプリはきちんと認識されていた

-PR-企画特集