logo

S・ジョブズ氏、Financial Timesの「Person of the Year」に選出

文:Edward Moyer(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月27日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏が、Financial Times(FT)の2010年の「Person of the Year」(今年の人)に選出された。FTは、「iPad」の発売を「現代のビジネス史上最も注目すべき復活の絶頂」だとしており、1990年代にほとんど消滅しかかっていたAppleをJobs氏が立て直したことに加えて、同氏の癌との闘病における忍耐強さを指摘している。

 実際にiPadは発売以来、記録的な売れ行きを示しており、Appleの時価総額は2010年夏にMicrosoftを上回った。またJobs氏は2010年、The Beatlesの楽曲を「iTunes Store」で販売するという個人的な夢を叶えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集