フォトレポート:分解、「Cr-48」--「Chrome OS」搭載ノートPCの内部 - 16/117

文:Bill Detwiler(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月17日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 さまざまな報道によると、GoogleはF1ドライバーのMario Andretti氏にちなんで名付けられた「Mario」または「Andretti」という開発コード名の特別設計マシンでChrome OSの社内テストを行ってきたという。Googleはこれらのマシンを正式にはCr-48と呼んでいるが、同デバイスの至る所でMarioという開発コード名を確認することができる。Cr-48は特に不安定なクロムの同位体のことだと報じられている。

 われわれのテスト用マシンには「IEC MARIO PONY 6101」というハードウェアIDが印字されている。

 さまざまな報道によると、GoogleはF1ドライバーのMario Andretti氏にちなんで名付けられた「Mario」または「Andretti」という開発コード名の特別設計マシンでChrome OSの社内テストを行ってきたという。Googleはこれらのマシンを正式にはCr-48と呼んでいるが、同デバイスの至る所でMarioという開発コード名を確認することができる。Cr-48は特に不安定なクロムの同位体のことだと報じられている。

 われわれのテスト用マシンには「IEC MARIO PONY 6101」というハードウェアIDが印字されている。

提供:Bill Detwiler

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]