logo

アップル、国内向け映画レンタルを開始--Apple TVを8800円で発売

坂本純子(編集部)2010年11月11日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは11月11日、日本のiTunes Storeで映画の販売とレンタルを開始した。これに合わせ、国内では販売を見合わせていたアルミニウムボディの「Apple TV」 の販売を開始し、今週にも出荷するという。価格は8800円だ。Apple Online Store、直営店のApple StoreおよびApple TV取扱店を通じて購入できる。

 映画は「トイ・ストーリー3」「セックス・アンド・ザ・シティ2[ザ・ムービー]」などのハリウッド映画や、「おとうと」「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」などの日本映画もラインアップ。1000本以上の映画をHDまたはSDクオリティでレンタルまたは購入することができる。

 映画は、20世紀フォックス、パラマウント・ピクチャーズ、ウォルト・ディズニー・スタジオ、ワーナー・ブラザース、ユニバーサル・ピクチャーズなど主要なインターナショナルフィルムスタジオのほか、アスミック・エース・エンターテインメント、フジテレビ、角川映画、日活、松竹、東映らが提供する。

Apple TV 「Apple TV」

 iTunesで映画をレンタルすると、iTunes StoreからiTunesまたはApple TVに直接ダウンロードされる。高速インターネット回線につながっているユーザーであれば数秒で映画を視聴できるという。ダウンロードした映画は30日以内に閲覧を開始する必要がある。また、再生を始めた映画は48時間以内に閲覧を終了させる必要がある。その間であれば、何度でも見られるとしている。

 HD映画のレンタル価格は、旧作が300円から、新作が500円。SD版は旧作が200円から、新作が400円となる。HD映画の購入価格は、旧作および準新作が2000円、新作が2500円。SD版は旧作が1000円、準新作が1500円、新作が2000円となる。

 Apple TVは9月2日、米国にて99ドルで発売すると発表。9月末から販売を開始していた。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集