logo

フォトレポート:分解、新「MacBook Air」11インチモデル--超薄型ノートブックの内部

文:Bill Detwiler(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル、編集部2010年11月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Appleは2010年10月、第2世代の「MacBook Air」をリリースした。このデザインが新しくなったノートブックには、11インチと13インチの2モデルがある。米CNETの姉妹サイトTechRepublicは、2008年にリリースされたMacBook Air第1世代も分解しており(関連記事:フォトレポート:「MacBook Air」分解--やっぱり中身も薄かった)、2010年モデルを手に入れるのを楽しみにしていた。

 以下では、新型MacBook Airの11インチモデルを分解していく。

 新型MacBook Airを分解するには、T5とT9のトルクスビットを装着できるドライバと、非常に小型のマイナスドライバか、専用の「クローバー形」のセキュリティビットが必要になる。

 Appleは2010年10月、第2世代の「MacBook Air」をリリースした。このデザインが新しくなったノートブックには、11インチと13インチの2モデルがある。米CNETの姉妹サイトTechRepublicは、2008年にリリースされたMacBook Air第1世代も分解しており(関連記事:フォトレポート:「MacBook Air」分解--やっぱり中身も薄かった)、2010年モデルを手に入れるのを楽しみにしていた。

 以下では、新型MacBook Airの11インチモデルを分解していく。

 新型MacBook Airを分解するには、T5とT9のトルクスビットを装着できるドライバと、非常に小型のマイナスドライバか、専用の「クローバー形」のセキュリティビットが必要になる。

提供:Bill Detwiler/TechRepublic

 Appleは2010年10月、第2世代の「MacBook Air」をリリースした。このデザインが新しくなったノートブックには、11インチと13インチの2モデルがある。米CNETの姉妹サイトTechRepublicは、2008年にリリースされたMacBook Air第1世代も分解しており(関連記事:フォトレポート:「MacBook Air」分解--やっぱり中身も薄かった)、2010年モデルを手に入れるのを楽しみにしていた。  以下では、新型MacBook Airの11インチモデルを分解していく。  新型MacBook Airを分解するには、T5とT9のトルクスビットを装着できるドライバと、非常に小型のマイナスドライバか、専用の「クローバー形」のセキュリティビットが必要になる。

-PR-企画特集