logo

角川グループ、電子書籍プラットフォーム「Book☆Walker」立ち上げ

新澤公介(編集部)2010年10月26日 20時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川グループホールディングスと角川コンテンツゲートは10月26日、コンテンツプロバイダーが自ら電子書籍などのデジタルコンテンツを提供、販売できる直営プラットフォーム「Book☆Walker」を立ち上げると発表した。今後は2011年7月のグランドオープンに向け、実験的な試みを実施していく。

 Book☆Walkerでは、電子書籍を軸に、関連するアニメや映画、グッズなどを販売できる仕組みを提供する。2011年7月のグランドオープンに先駆けて、12月からiPad/iPhone向けアプリを提供する。ライトノベルやコミック、文芸の中から、人気の高い角川グループ作品約100作品を用意し、毎週20作品前後を追加する予定だ。決済はアップルを通じて行われる。

 2011年4月には、Android OSを含むスマートフォン、タブレット端末、PCに順次対応させる。書籍ジャンルは、2010年12月に提供するジャンルに加えて、新書や雑誌、実用書、写真集なども用意。作品数は約1000作品にまで拡大させるとしており、角川グループ以外の出版社やコンテンツプロバイダーにも参加を募るとしている。決済方法は、クレジットカードやプリペイドカードなどを予定している。

 両社は、電子書籍事業への新たな試みとして、紙とデジタルで新刊書籍を同時発売したり、ユーザー同士が作品の感想などを共有できるようにソーシャルメディアと連動したりできるプラットフォームを目指すとしている。

-PR-企画特集