logo

日本IBM、クラウド環境向けセキュリティコンサルを発表

富永恭子(ロビンソン)2010年10月25日 13時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは10月25日、クラウド環境におけるセキュリティの課題解決を支援する2つのコンサルティングサービスを発表した。11月1日に提供を開始する。

 今回発表されたのは「IBM クラウド・セキュリティー・ロードマップ策定サービス」と「IBM クラウド・セキュリティー・アセスメント・サービス」の2つ。両サービスは、

  • クラウドコンピューティングを活用したいがセキュリティの懸念がある
  • セキュリティ対策について何を実施すればよいかわからない
  • 提供中のクラウドサービスのセキュリティ対策が万全か確認したい

 といった課題の解決を支援する。クラウドコンピューティングの利用を考えている、もしくは利用しているユーザー、およびクラウドサービス事業者の双方に向け提供されるという。

 IBM クラウド・セキュリティー・ロードマップ策定サービスは、セキュリティの専門家がユーザーに赴き、ヒアリングやディスカッションを通じてクラウドセキュリティの理解を深めてもらうとともに、ユーザーのクラウド戦略に即したセキュリティ対策のロードマップを作成するサービス。事業者が提供するクラウドサービスを利用する際に確認すべきセキュリティ要件などもアドバイスするという。

 IBM クラウド・セキュリティー・アセスメント・サービスは、既にクラウド環境を利用しているユーザーや、クラウドサービス事業者に提供される。IBM独自の方法論やツールを活用し、現状のセキュリティ管理や技術的対策の状況と、業界のベストプラクティスを照らし合わせて総合的に評価し、発見されたギャップに対して具体的な改善策の提言するサービスとなる。

 両サービスの提供価格は、システムの規模や業務内容などに応じた個別見積もりとなるが、IBM クラウド・セキュリティー・ロードマップ策定サービスは250万円程度から、IBM クラウド・セキュリティー・アセスメント・サービスは350万円程度から提供する予定。

-PR-企画特集