logo

大変身を遂げた新型Apple TV詳細レビュー(前編) - (page 3)

文:Matthew Moskovciak(CNET News) 翻訳校正:石橋啓一郎2010年10月22日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflix、iTunes Store、その他

 初代Apple TVはiTunesのアカウントと同期することに重点を置いていたが、新型Apple TVでは、すべてウェブからストリーミングされる。Apple TVからアクセスできるメディアの2つの主な源泉は、NetflixとiTunesだ。

Netflixメイン画面
Netflix Instant Queueにアクセスできるほか、ジャンルから検索と閲覧を行うこともできる。

Netflix:月9ドルの会費で、Apple TVから好きなだけNetflixのストリーミング動画コンテンツをストリーミングすることができる。ユーザーインターフェースはわれわれが知る中でも最高のものの1つであり、Instant Queue機能にアクセスできるほか、「新着」「映画ジャンル」などのカテゴリーから検索や閲覧を行うこともできる。Instant Queueには、コンテンツのボックスアートが10フィート(約3m)離れたところからでも文字が読める大きさで並べられている。これはNetflixのインターフェースとしてはよいもので、Blu-rayプレーヤーに付属している標準的なNetflixのインターフェースよりも優れている。

Netflix Instant Queueの画面
Netflix Instant Queueのインターフェースは、他のライバルよりも優れており、格子状のレイアウトで多くの映画を一度に表示できるようになっている。

 Apple TVにNetflixが追加されたのは素晴らしいが、新技術を追いかけている人の多くは、すでに自分のホームシアターでNetflixのストリーミングを利用できる可能性が高いということは指摘しておくべきだろう。これは、Blu-rayプレーヤーやゲーム機、ネットワーク接続されたハイビジョンテレビなどでは、Netflixのストリーミングサービスを利用できることが多くなっているためだ。

後編に続く)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]