logo

マイクロソフト、「Office for Mac 2011」を米国で10月26日に発売へ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子2010年09月29日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの関係者は米国時間9月28日、「Office for Mac 2011」の米国での発売日を2010年10月26日と発表し、9月に入って出回っていたリーク情報を認めた。

 Amazon.comは9月28日現在、Office 2011 for Macの事前予約を開始している。

 Microsoftの関係者はまた、これまで非公開だった最新版の2つの新機能についても、情報を公開した。1つ目の機能は「Dynamic Reorder」という名称で、ユーザーはドキュメントやプレゼンテーションの全レイヤーをインタラクティブに再構成できるというものだ。2つ目の機能「Full Screen View」は「Word 2011」の一部で、編集用に最適化したビュー、閲覧用に最適化したビューの2種類を背景を消して全画面表示できるというものだ。

 これら2つの新機能がWindows向けOfficeでも提供されるのか、提供されるとすればいつかについて、Microsoftに聞いてみた。Microsoftの回答は、現時点で明確に決定している計画はないが、(MacとWindowsの)2つのOfficeチームは多くのアイデアや機能を共有している、とのことだった。

 Microsoftは9月10日にOffice 2011 for MacをRTM(製造工程向けリリース)にした。Microsoftが以前述べていたように、Office 2011 for Macは、「Office for Mac Home&Student 2011」「Office for Mac Home&Business 2011」「Office for Mac Academic 2011」の3種類のエディションを用意する(学生や教職員向けのAcademic版は、認定を受けた店舗で販売される)。価格はエディションにより異なるが、99ドル〜279ドルとなっている。

 Office 2011 for Macの特徴としては、電子メールソフトが「Entourage」が「Outlook」となり、「Visual Basic for Applications」のサポートが復活する予定だ。最新のWindows版Officeに組み込まれているものと同様のリボンインターフェースを搭載し、32ビット版のみとなる。「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」のウェブ版である「Office Web Apps」も統合されている。Microsoftによると、最新版は現行版と比較して起動時間が短縮されており、スクロールや計算に要する時間も高速化されているとのことだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集