リコー、デジタルカメラ「GXR」のカメラユニット「GR LENS A12 28mm F2.5」など発表

坂本純子(編集部)2010年09月22日 19時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは9月21日、ユニット交換式カメラシステム「GXR」専用のカメラユニット「GR LENS A12 28mm F2.5」と、無線LANやBluetoothを搭載し、防水・防塵対応のデジタルカメラ「G700SE」を発表した。

  • 「GR LENS A12 28mm F2.5」

 GR LENS A12 28mm F2.5は、GXR専用カメラユニットの第4弾。新開発の6群9枚構成の28mm相当の単焦点「GR LENS」とAPS-CサイズのCMOSセンサ、GR DIGITALで実績のある画像処理エンジン「GR ENGINE III」を搭載。多数の高屈折率レンズを用い、高い解像力と描写力を獲得したとしている。価格はオープンで、市場想定価格は7万円前後。10月29日に発売する。

  • 「G700SE」

 G700SEは、9月17日に発売された防水・防塵対応のデジタルカメラ「G700」の機能拡張モデルだ。オプションを装着するとGPS機能(4万2000円)やレーザーバーコードリーダ(6万3000円)などが利用できる。本体価格は12万6000円で、11月12日に発売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加