Twitterのサイトリニューアル--2つのペインがもたらす新たな体験 - (page 3)

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月21日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 再設計の一環として、Twitterはメディア企業16社(Flicker、YouTube、Vimeo、TwitPicなど)と契約を締結し、これらのサービスのコンテンツを新しい閲覧ペインに表示できるようにした。この契約には、金銭的なやり取りは含まれていなかったようだ。

 新しいTwitter.comが公開されたのは9月14日だが、Williams氏やほかのTwitter幹部は、同社が何カ月にもわたって、新サイトを社内で(そして少人数の社外テスターグループによって)試してきたと語った。またWilliams氏は、機能の一部はTwitterの新しい「iPad」アプリケーションと同じだが、ウェブの再設計の方が先にスタートしたとも述べている。

第一印象

 一見したところでは、Twitterはリニューアルに関して非常にいい仕事をしたと言わざるを得ない。筆者は、Twitterのサービスを使う際にまずTwitter.comを見るという78%のユーザーには含まれていない。ずっと「TweetDeck」ユーザーだからだ。また今回のリニューアルが、筆者がTwitter.comを主に見るようになるほどのものかどうかは分からない。

 とはいえ、ツイートのタイムラインを延々とスクロールできるのは確かにいいことだ。また、ユーザーがメイン表示から移動しなくても、写真や動画、さらにプロフィールなどのコンテンツを閲覧できるようになるのは、Twitterにとっては大きな前進だ。Williams氏によれば、このサイトはこれまでよりも高速化したというが、筆者には、その主張を新しいサイトで評価する時間がなかった。

 しかし、全体的に見ると、これがTwitterにとって大きな前進であることは疑いようもない。このサイトのリニューアルが同社に利益をもたらすかどうかについては、14日にはWilliams氏もほかの幹部も具体的に語らなかった。しかし、それはもちろん、その報道機関向けイベントで多くの人が気にしていた疑問だ。

新しいTwitter.com。追加された表示ペインに写真が埋め込まれている。 新しいTwitter.com。追加された表示ペインに写真が埋め込まれている。
提供:Daniel Terdiman/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]