ソニー、狭額デザインでスリムな液晶テレビ「EX710」シリーズ--LEDバックライトを搭載

加納恵(編集部)2010年09月06日 16時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月6日、液晶テレビ「BRAVIA」シリーズに、LEDバックライトを採用した「EX710」シリーズを発表した。狭額デザインによるスリムな筐体が特長だ。10月15日に発売する。

 発売されたのは、40型「KDL-40EX710」と、32型の「KDL-32EX710」。いずれもベゼル幅の狭い「狭額フレームデザイン」を採用することで、従来機と比較して約10%の小型化を実現したとしている。

 バックライトにはエッジライト方式のLEDを搭載。本体には「人感センサー」が取り付けられており、テレビの前に人がいなくなると、テレビ画面を消画に切り替える。

 映像と映像の間に新規生成映像を挿入し120コマで再現する「モーションフロー120Hz」と、独自の「ブラビアエンジン3」を組み合わせた高画質技術を内蔵。ハイビジョン映像を美しく豊かに再現するとしている。

 YouTubeやアクトビラ ビデオ・フルなど5つの動画視聴サービスに対応する「<ブラビア>ネットチャンネル」機能も搭載した。店頭想定価格はKDL-40EX710が17万円前後、KDL-32EX710が14万円前後になる。

「KDL-40EX710」「KDL-32EX710」 「KDL-40EX710」と「KDL-32EX710」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加