logo

セイコーエプソン、反射型の高温ポリシリコンTFT液晶パネルを量産開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソンは8月31日、3LCD方式プロジェクタ向けに、反射型高温ポリシリコンTFT液晶パネル(Reflective HTPS)「L3R07U-81K00」を開発したと発表した。量産も開始している。

L3R07U-81K00 「L3R07U-81K00」

 L3R07U-81K00は、0.74型で1920×1080ピクセルのフルHDに対応。従来の透過型HTPS技術と反射型技術を融合することで、明るく、高精細な映像を再現できるとしている

 Reflective HTPSは、透過型HTPSの構造をベースに透明電極を反射電極に変更したもの。さらに、透過型HTPSで高コントラストを実現してきた独自の「C2FINE技術」の最適化、反射電極層を極限まで平坦化したことによる光の散乱の抑制などにより、デバイスコントラスト比10万対1以上の性能を実現できたとのことだ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集