logo

カシオ、ゴルフスイングがチェックできるハイスピードデジタルカメラ第2弾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機は8月12日、高速連写でゴルフのスイングがチェックできるデジタルカメラ「HIGH SPEED EXILIM EX-FC160S」を発表した。8月27日に販売を開始する。価格はオープンで、市場想定価格は3万5000円前後の見込み。

 EX-FC160Sは、ゴルファーに向けたハイスピードデジタルカメラの第2弾だ。裏面照射型CMOSを採用した光学5倍ズームレンズ搭載の有効画素数1010万画素モデル「EX-FC150」がベースモデルとなっており、屋外だけでなくゴルフ練習場など暗い場所での撮影でもノイズが少ない高画質撮影を実現した。

 さらにゴルフのスイングチェックに役立つ機能を進化させ、撮影した動画ごとにガイドラインを記録できるようにした。たとえば、飛球線の後方から撮影してチェックする場合、ハイスピードムービーで撮影したスイングの動画再生時に、スイングプレーンとシャフトプレーンの2本のガイドラインを表示させる。バックスイングからフィニッシュまでに、クラブヘッドやシャフトが2本のラインの間にできるV字形の範囲からはみ出さなければいいスイングになるという。

 また、体の正面から撮影した映像でチェックする場合は、スイングの動画再生時に、縦の2本のラインをスタンス幅に、横の2本のラインを頭の上とボールの下に合わせる。バックスイングからフィニッシュまで、体が枠内に収まっていればいいスイングになるとのことだ。

 本体カラーはレッドのみ。女子プロゴルファー監修によるスイングチェックの解説ハンドブックが付属する。

EX-FC160S 「HIGH SPEED EXILIM EX-FC160S」

-PR-企画特集