logo

iPhone担当幹部、退職の原因は企業文化の違いか--WSJ報道

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月10日 17時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mark Papermaster氏は、もうAppleのモバイルハードウェアエンジニアリング担当幹部ではいない。しかしそれは、Papermaster氏が「iPhone 4」のアンテナに関連する問題を予見できなかったためだろうか。それとも、同氏がAppleになじめなかったためだろうか。もしかすると、その両方かもしれない。

 Papermaster氏がAppleを去り、その職務を「Mac」ハードウェアエンジニアリング担当幹部Bob Mansfield氏が引き継いだというニュースが米国時間8月7日に報じられたとき、いくつかの事実から全体像を推測することはかなり容易だった。つまり、きまりの悪いアンテナの一件と、おそらくはiPhone 4ホワイトモデルの出荷が大幅に遅れたことを受けて、iPhoneの設計を担当していた人物が追放されたという可能性だ。いずれもPapermaster氏の担当範囲だった可能性がある。

 しかし、Papermaster氏が正式にAppleで働き始めたのは2009年4月(前の雇用主であるIBMとの法廷闘争の後)のことだ。またAppleは、本体外側の金属製バンドにアンテナを配置するというユニークな設計のテストに2年間を費やしたと述べていた。

 結局のところ、それだけではないのかもしれない。The Wall Street Journal(WSJ)は新しい記事の中で、複数の情報筋の話として、Papermaster氏がAppleを辞めた理由は「より広範な文化的な不一致」だと報じた。

 Papermaster氏はApple社内の力学と、そうした雰囲気を作る人物、つまり最高経営責任者(CEO)のSteve Jobs氏にうまくなじめなかったようだ。

 WSJの報道によると、Papermaster氏は数カ月前にJobs氏の「信頼を失って」おり、「Appleで期待される創造的思考を持ち合わせていなかった」という。

 しかし、偶然にしてはタイミングがよすぎる。Papermaster氏とJobs氏の不仲に加えて、iPhone 4のアンテナ問題が決め手になったのかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集