logo

フォトレポート:分解、アマゾン「Kindle DX」(グラファイト) - 42/42

文:Bill Detwiler(TechRepublic)) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月03日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Kindle DXの分解は比較的簡単だった。最も難しかった手順は、RFウィンドウを、プラスチックのウィンドウも金属のパネルも傷つけずに取り外すことだった。

 メインロジックボードの下には、E Ink製ディスプレイが取り付けられている。しかし、ディスプレイの裏には見るべきものがあまりないし、ロジックボードは接着剤か粘着テープで固定されているようなので、ロジックボードを前面のプラスチック筐体から引き剥がすのは控えることにした。

 新しいKindle DXは、オリジナルバージョンとほぼ同一だ。

 Kindle DXの分解は比較的簡単だった。最も難しかった手順は、RFウィンドウを、プラスチックのウィンドウも金属のパネルも傷つけずに取り外すことだった。

 メインロジックボードの下には、E Ink製ディスプレイが取り付けられている。しかし、ディスプレイの裏には見るべきものがあまりないし、ロジックボードは接着剤か粘着テープで固定されているようなので、ロジックボードを前面のプラスチック筐体から引き剥がすのは控えることにした。

 新しいKindle DXは、オリジナルバージョンとほぼ同一だ。

提供:Bill Detwiler/TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]