logo

フォトレポート:分解、アマゾン「Kindle DX」(グラファイト) - 22/42

文:Bill Detwiler(TechRepublic)) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月03日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Kindle DXの背面から金属パネルを取り外すと、Amazonの無線リーダの内部が姿を現した。残念ながら、大きなプラスチックの支持構造体が、メインロジックボードのほとんどを覆っている。この時点ではっきりと見えるのは、バッテリと3G無線カード、SIMカードだけだ。

 支持構造体を取り外すには、それを前面筐体パネルとロジックボードに固定している20のプラスねじを取り除く必要がある。バッテリを固定している2本のねじはそのままにしておき、あとで取り外すことにした。さらに、スピーカをメインロジックボードに接続している2つのモレックスコネクタも外す必要がある。

 Kindle DXの背面から金属パネルを取り外すと、Amazonの無線リーダの内部が姿を現した。残念ながら、大きなプラスチックの支持構造体が、メインロジックボードのほとんどを覆っている。この時点ではっきりと見えるのは、バッテリと3G無線カード、SIMカードだけだ。

 支持構造体を取り外すには、それを前面筐体パネルとロジックボードに固定している20のプラスねじを取り除く必要がある。バッテリを固定している2本のねじはそのままにしておき、あとで取り外すことにした。さらに、スピーカをメインロジックボードに接続している2つのモレックスコネクタも外す必要がある。

提供:Bill Detwiler/TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]