logo

マイクロソフト、「Windows XP」と「Windows 2000」の脆弱性を調査中

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年07月07日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月6日、「Windows」の古いバージョンを稼働するマシンのセキュリティを脅かす新たな脆弱性に関する報告について、調査中であると述べた。

 Secuniaは、同社ウェブサイトのアドバイザリにおいて、この脆弱性は、「Windows XP」および「Windows 2000」に含まれる関数の境界エラーに起因するもので、これを利用すると悪質なコードが実行される恐れがあると述べた。同社はこの脆弱性の深刻度を「Moderately Critical」(5段階評価のちょうど中間)としている。

 グループマネージャーを務めるJerry Bryant氏は声明で、「Microsoftは、Windows 2000およびWindows XPに潜在する脆弱性に関する新しい公開報告を調査中である」と述べた。Bryant氏は、Microsoftはこれまでのところ、この脆弱性を利用した攻撃を仕掛けようとする試みを確認していないと述べ、適切な処置を実施する予定であると述べた。これは、同社の月例パッチの一環としてアップデートをリリースする可能性もあるし、月例以外のアップデートを発行する可能性もあることを意味する。

 Microsoftは5日付けのTwitterへの投稿で、この問題を調査中であると述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集