logo

YouTubeでハッキング被害、ジャスティン・ビーバーさんの動画が標的に--米報道

文:Edward Moyer(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年07月05日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間7月4日、YouTubeのセキュリティホールが悪用され、下品な内容のポップアップが表示されたり、ユーザーがアダルトサイトにリダイレクトされる状態となった。Googleはすでに、このYouTubeのセキュリティホールを修正している。IDG News Serviceが報じた。

 記事によると、ハッカーらはクロスサイトスクリプティングの脆弱性を利用し、YouTubeのコメントページにコードを挿入したという。YouTubeでも人気のポップスシンガーで、独立記念日を祝うNBCの番組に出演する予定のJustin Bieberさんに関連したクリップが標的とされた。

 IDGによると、Google関係者は、このたびの悪用により、ハッキングされたページを開いたYouTube利用者のGoogleアカウントが盗み出されることはなかったが、念のためGoogleアカウントから一度ログアウトし、再ログインするように呼びかけているという。IDGはまた、情報筋の話として、今回のエクスプロイトにはマルウェアは含まれていなかったが、リダイレクト先のページにはマルウェアが潜んでいた可能性があるとしている。

 このたびの悪用を受けて、Googleは一時、YouTubeのコメント欄を閉鎖していたと同記事には書かれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集