東芝、3D対応ノートPC「dynabook TX/98MBL」--Blu-ray3Dタイトルも3Dゲームも楽しめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は6月7日、3D対応のBlu-ray再生機能を搭載した「dynabook TX/98MBL」を発表した。Blu-ray3Dタイトルと3Dゲームの両方に対応し、7月下旬より販売を開始する。販売想定価格は25万円前後の見込み。

 dynabook TX/98MBLは、NVIDIAの3D機能「NVIDIA 3D Vision」に対応した120Hz倍速駆動方式の15.6型ワイドLED液晶ディスプレイと、プレーヤーソフト「WinDVD BD for TOSHIBA」を搭載。同梱のワイヤレス3Dグラスを着用すると、今後発売されるBlu-ray3Dタイトルを高画質で視聴できるほか、既存の3Dゲームも3D立体視できるという。

 3D表示は、3D対応の映画館などで多く利用されているアクティブシャッター式を採用した。左眼用と右眼用の映像を1秒間に60コマずつ、あわせて120コマを交互に高速に映し出し、ワイヤレス3Dグラスが各コマと同期して左右交互に高速開閉することで立体視化する。

 先進のグラフィックスプロセッサ「NVIDIA GeForce GTS 350M」とグラフィック描画専用の1GバイトのビデオRAMを搭載し、ゲームなどの3D映像も高速処理し、より高精細でなめらかな画質で表現する。

 音質性能は、harman/kardonステレオスピーカーに加え、通常のステレオサウンドを5.1chのサラウンド音響として再生する「ドルビーアドバンストオーディオ」を採用。より奥行きや広がりのある立体的な音質で再生できる。

 さらに、最新のインテル Core i7-740QM プロセッサにより高速処理を実現したほか、640GバイトHDDを搭載、Microsoft Office Home and Business 2010をプレインストールしている。

dynabook TX/98MBL 「dynabook TX/98MBL」
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加