logo

KDDIとナビタイムジャパン、通信機能対応カーナビを発売--アライアンス事業を推進

松田真理(マイカ)2010年05月24日 20時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラーは7月以降、メーカーやサービスプロバイダーなど協業先のパートナーに向けて、アライアンス型サービス「Link→au」の提供を開始する。

 Link→auでは、パートナーのブランド製品にauの通信サービスを提供。デジタル家電など、通信機能を搭載した製品への導入を見込んでいる。エンドユーザーは製品購入後、KDDIおよび沖縄セルラーが新たに開設する「Link→auお申込サイト」から通信サービスを申し込めるという。

 Link→auの第1弾には、ナビタイムジャパンが提供する通信機能対応カーナビWND専用料金プラン「WNDプラン」を用意。市場想定価格は4万3800円で、発売日は7月以降を予定している。地図やスポット情報をリアルタイムで更新する機能や、「NAVITIME」「EZナビウォーク」のスポット検索機能などを搭載した。

 WND-01Kを利用するためには、KDDIまたは沖縄セルラーとの通信契約が必要だ。申し込みは、Link→au申込みサイトなどで受け付ける。

WND-01K CAR NAVITIME「WND-01K」

 また、KDDIおよび沖縄セルラーでは、WND-01Kの発売に合わせて、WND-01K専用料金プランを提供する。誰でも割シングル(特定機器)と同時に加入すると、月額基本使用料525円で使い放題になる。ただし、誰でも割シングル(特定機器)は2年間契約となっているため、契約期間中の解約は契約解除料9975円がかかる。なお、誰でも割シングル(特定機器)に未加入の場合は、月額基本使用料1050円となる。

-PR-企画特集