logo

「グーグル流」のベンチャーキャピタル--CEOシュミット氏が語る - (page 3)

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年05月10日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかしMaris氏は、Google Venturesの裏に包括的な目標や理念はないと言う。Googleの三頭体制の経営陣(Schmidt氏、共同創設者のSergey Brin氏とLarry Page氏)が具体的な投資先を決めているわけではないが、投資に回す予算の額はこの3人が決めている。予算額は年ベースで変更される可能性が高い。

 それでもMaris氏は、Schmidt氏が近い将来、Google Venturesを海外にも拡大したいと考えていることを討論会中に初めて知って、少し驚いていた。

 現在、モバイルアプリケーションは大きな注目を集めているベンチャー投資分野だ。その理由は、数社のデベロッパーを軌道に乗せるのに必要な資金が少なくて済む上に、モバイルテクノロジが発展を続ける中で、大きなリターンを得られる可能性を秘めているからだ。GoogleはCorduroのような企業への投資を行っており、明らかにこうしたトレンドを見据えているが、ベンチャー投資では「群集心理」を避けることが重要だとMaris氏は述べる。Schmidt氏は会議の場で、Google Venturesは既存のベンチャーキャピタル業界と競合するものではなく、同業界を補完するものだということを懸命に説明した。同氏は、Googleには多くの資金とテクノロジに関する専門知識があるが、年季の入ったVC企業が有しているような経験はほとんど持ち合わせていないと話した。

 しかし、Google Venturesはそうした企業から多くを学ぶことができるとSchmidt氏は言う。

 「ベンチャーは米国が達成した驚異的な偉業だ。わたしの人生のすべては、ベンチャー業界を創出した人々によって決定づけられた」(Schmidt氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]