logo

フォトレポート:「iPad 3G」、Wi-Fi版とココが違う

文:Donald Bell(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年05月01日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Appleは米国時間4月30日、3G対応版「iPad」を米国で発売した。ここでは、Wi-Fi版iPadとの違いを画像で紹介する。

 このiPadが3G版だということを示すものの1つが、背面上部にある黒いプラスチックパネルだ。このプラスチックパネルは、iPad内部にある3Gアンテナが信号を受信しやすくするためにある。
Scroll Right Scroll Left

 Appleは米国時間4月30日、3G対応版「iPad」を米国で発売した。ここでは、Wi-Fi版iPadとの違いを画像で紹介する。

 このiPadが3G版だということを示すものの1つが、背面上部にある黒いプラスチックパネルだ。このプラスチックパネルは、iPad内部にある3Gアンテナが信号を受信しやすくするためにある。

提供:Donald Bell/CNET

 Appleは米国時間4月30日、3G対応版「iPad」を米国で発売した。ここでは、Wi-Fi版iPadとの違いを画像で紹介する。  このiPadが3G版だということを示すものの1つが、背面上部にある黒いプラスチックパネルだ。このプラスチックパネルは、iPad内部にある3Gアンテナが信号を受信しやすくするためにある。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]