logo

フォトレポート:NASAを支えるスーパーコンピュータ施設 - 10/18

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年05月07日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この「Schirra」も、現在もNASAの施設で運用されているスーパーコンピュータだ。Schirraは「Mercury 7号」の宇宙飛行士Wally Schirra氏にちなんで名付けられた。NASA高度スーパーコンピューティング部門のチーフRupak Biswas氏によると、Schirraコンピュータは「IBM System p575+」を基盤としており、合計640のコアがあるという。Schirraはメインのスーパーコンピュータになる可能性があると評価されていたが、SGIの機器のために候補からはずされた。それでも、NASAはSchirraを購入し、継続的に運用している。

 この「Schirra」も、現在もNASAの施設で運用されているスーパーコンピュータだ。Schirraは「Mercury 7号」の宇宙飛行士Wally Schirra氏にちなんで名付けられた。NASA高度スーパーコンピューティング部門のチーフRupak Biswas氏によると、Schirraコンピュータは「IBM System p575+」を基盤としており、合計640のコアがあるという。Schirraはメインのスーパーコンピュータになる可能性があると評価されていたが、SGIの機器のために候補からはずされた。それでも、NASAはSchirraを購入し、継続的に運用している。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]