logo

フォトレポート:NASAを支えるスーパーコンピュータ施設 - 8/18

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年05月07日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 スペースシャトル「Columbia」の惨事を受けて、NASAは2004年、同宇宙船が爆発した原因の調査に取りかかった。そのプロジェクトを遂行する方法の1つが、新しいスーパーコンピュータを導入することだった。そこで2004年、NASAのエイムズ研究センターで、このスーパーコンピュータ「Columbia」に電源が入れられた。今ではNASAの第一のスーパーコンピュータではなくなったものの、引き続き運用されている。登場時の速度は60テラフロップで、当時は世界で2番目に強力なコンピュータだった。その後、約90テラフロップまで増強されたが、現在は約30テラフロップで運用されている。

 この写真は、Columbiaスーパーコンピュータのディスクを収納しているラックの一部だ。

 スペースシャトル「Columbia」の惨事を受けて、NASAは2004年、同宇宙船が爆発した原因の調査に取りかかった。そのプロジェクトを遂行する方法の1つが、新しいスーパーコンピュータを導入することだった。そこで2004年、NASAのエイムズ研究センターで、このスーパーコンピュータ「Columbia」に電源が入れられた。今ではNASAの第一のスーパーコンピュータではなくなったものの、引き続き運用されている。登場時の速度は60テラフロップで、当時は世界で2番目に強力なコンピュータだった。その後、約90テラフロップまで増強されたが、現在は約30テラフロップで運用されている。

 この写真は、Columbiaスーパーコンピュータのディスクを収納しているラックの一部だ。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]