logo

フォトレポート:NASAを支えるスーパーコンピュータ施設

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年05月07日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米航空宇宙局(NASA)がカリフォルニア州マウンテンビューのエイムズ研究センターの高度スーパーコンピューティング施設で保持している「Pleiades」は、現在の公式速度が973テラフロップ、つまり1秒当たり973兆回の浮動小数点演算を行う、世界で6番目に強力なコンピュータだ。

 Pleiadesを使って、NASAのさまざまな部門の担当者が、地球科学や宇宙科学の研究をしたり、大規模なシミュレーションを実行したりしている。このマシンは予約がほぼ埋まっている。つまり、1日24時間、週7日間使用されている。

 NASAはこのコンピューティングセンターの中で、Pleiadesを構成する米Silicon Graphics(SGI)製マシンを収納したラックを多数保持している。ほとんどのラックには512のコアがあり、これは約6テラフロップに相当する。しかし、同センターは最近、768のコアがある新しいラックを32台追加した。この写真はその一部だ。

 スーパーコンピュータの世界は動きが速い。2008年11月にPleiadesがデビューしたとき、その速度は487テラフロップで、3番目に強力なコンピュータだった。それからおよそ1年半がたった今、順位は第6位に落ちたが、能力は2倍になった。

 米航空宇宙局(NASA)がカリフォルニア州マウンテンビューのエイムズ研究センターの高度スーパーコンピューティング施設で保持している「Pleiades」は、現在の公式速度が973テラフロップ、つまり1秒当たり973兆回の浮動小数点演算を行う、世界で6番目に強力なコンピュータだ。

 Pleiadesを使って、NASAのさまざまな部門の担当者が、地球科学や宇宙科学の研究をしたり、大規模なシミュレーションを実行したりしている。このマシンは予約がほぼ埋まっている。つまり、1日24時間、週7日間使用されている。

 NASAはこのコンピューティングセンターの中で、Pleiadesを構成する米Silicon Graphics(SGI)製マシンを収納したラックを多数保持している。ほとんどのラックには512のコアがあり、これは約6テラフロップに相当する。しかし、同センターは最近、768のコアがある新しいラックを32台追加した。この写真はその一部だ。

 スーパーコンピュータの世界は動きが速い。2008年11月にPleiadesがデビューしたとき、その速度は487テラフロップで、3番目に強力なコンピュータだった。それからおよそ1年半がたった今、順位は第6位に落ちたが、能力は2倍になった。

提供:Daniel Terdiman/CNET

 米航空宇宙局(NASA)がカリフォルニア州マウンテンビューのエイムズ研究センターの高度スーパーコンピューティング施設で保持している「Pleiades」は、現在の公式速度が973テラフロップ、つまり1秒当たり973兆回の浮動小数点演算を行う、世界で6番目に強力なコンピュータだ。  Pleiadesを使って、NASAのさまざまな部門の担当者が、地球科学や宇宙科学の研究をしたり、大規模なシミュレーションを実行したりしている。このマシンは予約がほぼ埋まっている。つまり、1日24時間、週7日間使用されている。  NASAはこのコンピューティングセンターの中で、Pleiadesを構成する米Silicon Graphics(SGI)製マシンを収納したラックを多数保持している。ほとんどのラックには512のコアがあり、これは約6テラフロップに相当する。しかし、同センターは最近、768のコアがある新しいラックを32台追加した。この写真はその一部だ。  スーパーコンピュータの世界は動きが速い。2008年11月にPleiadesがデビューしたとき、その速度は487テラフロップで、3番目に強力なコンピュータだった。それからおよそ1年半がたった今、順位は第6位に落ちたが、能力は2倍になった。

-PR-企画特集