フォトレポート:「人々のカメラ」が捉えた火星--NASAの「HiWish」プログラム - 2/8

文:Jennifer Guevin(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年05月04日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NASAが自らの調査用カメラを一般に開放したのは、今回のHiWishプログラムが初めてではない。NASAは2003年、火星探査機「Mars Global Surveyor」が火星表面の地図を作成していたとき、その探査に関して一般からの提案を受け入れ始めた。火星探査機「Mars Odyssey」に搭載された別のカメラでも2009年に一般の提案を受け入れ始めた。

 HiRISEに関する提案は専用ページ(http://uahirise.org/hiwish)から行うことができる。

 この写真に写っている地域は、幅約3分の2マイル(約1.07km)で、表面がでこぼこしている。NASAは、このでこぼこは、地下水か底氷がなくなって地面が陥没し、深い峡谷と丘が形成されたことでできたものと考えている。
Scroll Right Scroll Left

 NASAが自らの調査用カメラを一般に開放したのは、今回のHiWishプログラムが初めてではない。NASAは2003年、火星探査機「Mars Global Surveyor」が火星表面の地図を作成していたとき、その探査に関して一般からの提案を受け入れ始めた。火星探査機「Mars Odyssey」に搭載された別のカメラでも2009年に一般の提案を受け入れ始めた。

 HiRISEに関する提案は専用ページ(http://uahirise.org/hiwish)から行うことができる。

 この写真に写っている地域は、幅約3分の2マイル(約1.07km)で、表面がでこぼこしている。NASAは、このでこぼこは、地下水か底氷がなくなって地面が陥没し、深い峡谷と丘が形成されたことでできたものと考えている。

提供:NASA/JPL-Caltech/University of Arizona

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]