フォトレポート:「人々のカメラ」が捉えた火星--NASAの「HiWish」プログラム - 4/8

文:Jennifer Guevin(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年05月04日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 HiRISEカメラで撮影されたこの写真には、サマラバレス(Samara Valles)と呼ばれる火星で最も長い峡谷の1つが写っている。この峡谷は火星表面の621マイル(約993.6km)以上を覆っている。

 HiRISEカメラで撮影されたこれらの偽色彩写真では、赤色、赤外線、青緑色の3種類のカラーフィルターを使用している。そのため、実際に人間の目に映る姿とは違うが、これらの写真の方が地表の様子を細かい部分まではっきりと表現することができる。
Scroll Right Scroll Left

 HiRISEカメラで撮影されたこの写真には、サマラバレス(Samara Valles)と呼ばれる火星で最も長い峡谷の1つが写っている。この峡谷は火星表面の621マイル(約993.6km)以上を覆っている。

 HiRISEカメラで撮影されたこれらの偽色彩写真では、赤色、赤外線、青緑色の3種類のカラーフィルターを使用している。そのため、実際に人間の目に映る姿とは違うが、これらの写真の方が地表の様子を細かい部分まではっきりと表現することができる。

提供:NASA/JPL-Caltech/University of Arizona

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]