logo

日本と米国をつなぐ光海底ケーブル「Unity」が運用開始--グーグルやKDDIが参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは、日本〜米国間の光海底ケーブル「Unity」の運用を3月30日に開始した。この光海底ケーブルは、インドBharti Airtel、マレーシアGlobal Transit、米Google、香港Pacnet、シンガポールSingTelと共同で建設したもの。

 Unityの総延長は約9620km。最新の高密度波長分割多重方式(DWDM)技術を利用することで、最大4.80Tbpsまで容量を拡張することが可能という。これは電話回線換算で約7500万回線分となり、急増する日本〜米国間のインターネットや大容量化の進む企業間通信などの需要に対応する。

 日本においては、APCN2(Asia-Pacific Cable Network 2)などアジア域の大容量光海底ケーブルとシームレスに接続することにより、アジア〜米国間の通信需要にも対応。日本の通信ハブとしての地位向上に貢献するとしている。なおKDDIではUnityを経由する新しいルートを利用し、国際専用線サービス、KDDI Global Powered Ethernet、KDDI Global IP-VPNを4月から順次、提供していく。

-PR-企画特集